ブラックリストは何年で消えるの?

ブラックリストは何年で消えるの?

ブラックリストについては既にご紹介済ですがもう一度おさらいしてみましょう!日本には信用情報機関という機関が存在し、例えばお金の借り入れやクレジットカードの借り入れにおいて返済を大きく遅延してしまった場合に俗にブラックリストと呼ばれているリストに登録されます。

 

このブラックリスト登録されてしまうことによってそれ以降、消費者金融や銀行などで借り入れを行う場合や家や車のローンを組む場合、クレジットカードを作る場合などにおいて審査で落とされる可能性が大きくなってしまいます。

 

ブラックリストは実は俗称であり、実際には金融事故情報といいます。日本の信用情報機関は国が指定している厳格な機関であり、現在「日本信用情報機構」、「全国銀行個人情報センター」、「CIC」の三種類が存在します。

 

しかしながらこれら三種の機関は名前は違うものの、それぞれの信用情報機関同士で情報の共有をしています。しかしブラックリストに登録されたからといって一生消えないということはなく、一定の期間で消えることになります

 

その年数は登録されている機関やブラックリストに登録された理由によって異なりますがいずれも1年〜10年の間でブラックリストから記録は消去されます。

 

まず全国銀行協会が運営しているKSCの場合ですと、登録された理由が延滞や代位弁済、任意整理の場合には5年、自己破産の場合は10年となります。クレジットカード系の機関であるCICの場合だと延滞、任意整理で5年。

 

自己破産では7年と短くなります。そして貸金業者系の機関であるJICCでは延滞ではわずか1年、その他の理由でブラックリスト入りした場合には5年となります。