ブラックリスト

ブラックリスの定義とは?

クレジットカードやカードローンで、ブラックリストに入るという言葉を見かけますが、実際にはそのようなリストは存在していません。しかし実際にある状況になると審査に通る可能性が限りなく低くなることがあります。

 

それは信用情報に「事故情報」が掲載された場合です。一般的な定義として、この状態を「ブラックリスト」に入ったと呼んでいます。

 

一言に事故と言ってもさまざまな状態がありますがまずは延滞です。誰しも支払いを忘れてしまう可能性がありますので、少し延滞したからと言ってすぐに事故扱いされるわけではありません。

 

一定期間滞納状態が解消されなかったり、再三の連絡でも連絡がつかない場合はカードが停止されます。その後状況に応じて強制解約となります。ここまでくると他社の審査でも大きな影響が出てしまいます。

 

また、一定期間延滞があると、債権がカード会社から回収業者へと移るものもあります。この段階でカードが停止されてしまいます。その他に、債務整理を行った場合も事故扱いになります。

 

特に自己破産などによって債権そのものが消失した場合は他社での契約は難しいと考えて良いでしょう。記録は掲載される機関にもよりますが7年程度残ってしまいます。

 

その後は真っ白な状態に戻りますが、記録が残っている間はカードを利用した消費活動はできないものとして考えておきましょう。商品の分割払いも難しくなりますので、生活が不便になってしまうこともあります。