学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りるには?

学生がお金を借りる方法について考えてみましょう!急にお金が必要になったとき、消費者金融が便利なのは、今日では当然のことになっています。学生だって急にお金が必要な時もあるでしょう。テレビのコマーシャルなどでも、有名人が主演していて、一昔前とは様変わりしています。

 

さて、消費者金融や銀行からカードローンで借入をするメリットは何でしょう。担保がいりませんし、保証人も不要です。さらに、フリーローンと言われるように、銀行などの企業に対する融資や住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどと異なり、用途に制限がないことがメリットです。融資する側の金融機関としては、確実な返済さえ見込めれば融資を実行することになります。

 

そこで、学生がお金を借りる際には審査が問題になります。一般のサラリーマンであれば、給与の金額、家族数、他の借入の有無などを審査することによって、返済が確実かどうか、ある程度、想定できます。学生は基本的に無職ですから安定した収入などなわけですから審査に通ることはないです。

 

この判断基準からすると、個人事業者などは、多少審査が厳しくなるとも言えますが、個人事業者むけの返済ができるかどうかの判断に関して、金融機関の独自なノウハウがあるようです。

 

学生の場合は、安定した収入が有るか無いかと言ったら、有るとは言い切れないのが現状でしょう。しかし、明日飲み会があるのに、どうしても金策がつかない、などという場合には、お金借りるしか方法はないでしょう。一部の銀行では、学生不可とか親の同意が必要と言うところもありますが、消費者金融であればそういったことは無いようです。しかし、いくつかの条件はあります。

 

まず、20歳以上でないと融資を受けることはできません。さらに、アルバイトなどの収入がなければ融資は無理です。アルバイトと言っても、どれくらいの収入があれば良いのかは、一概に言えません。おおむね月5から6万円程度と言われることが多いようです。

 

しかしアルバイトで収入があると言っても安定した収入じゃないと審査に通りません。このようにして、少ない給料でも安定しいれば、学生でもサラリーマンと同じ審査を経て、融資を受けることができます。