自営業がお金を借りる方法

自営業がお金を借りるにはどこの金融機関がいい?

サラリーマンで安定した収入があれば、銀行あるいはその傘下の消費者金融からお金を借りることができます。また、企業経営者も銀行や日本政策金融公庫(旧・国民金融公庫)からお金を借りることができます。

 

一方、その中間である自営業者がお金を借りるのはなかなか難しいものです。最も簡単に借金ができそうな消費者金融の場合ですら、自営業者は厳しいです。お店を持っていない「フリーランス」であればなおさらです。

 

これはひとえに「自営業者は信用がない」ということが原因ですが、自営業者の借金申込先は、何処が良いのでしょうか?

 

自営業者が借金を申し込める先としては、地方公共団体の制度融資を通じて金融機関から融資を受ける方法です。各地の商工会議所や商工会が窓口になっており、中小企業や自営業者向けの利子補助などの金融施策を行っています。

 

信用保証協会の保証を受けるのが一般的です。結果的には地方銀行などから融資を受けることになります。ただし、事業計画を提出したりするなど、手続きや融資の審査は面倒です。利息が安い(銀行以下)のが魅力です。

 

一方、あまりメジャーではありませんが、自営業者に融資を行っている貸金業者もあります。利息は一般的な消費者金融のレベルです。

 

ただし電話1本というわけにはいかず、直近数ヵ年分の確定申告書や印鑑登録証明書などを提出する必要があります。利息は高いものの、収入や信用情報次第で、高額な融資枠が得られるのがメリットです。