キャッシングの金利計算

キャッシングの金利計算

キャッシングの金利計算というのはとても難しいイメージがあるものですが、キャッシングをするときは基礎知識として計算方法を覚えておくほうが返済が上手になります。キャッシング返済では返済日に金利計算によって算出された利息を支払うことになるので、一括返済でも分割返済でも、キャッシングの返済額と利息額が必要となります。

 

キャッシングの金利計算は内容を覚えてしまえば返済時にいくらの利息を支払うのかを自分で計算できるようになるので、しっかりと返済計画を立てれます!

 

キャッシングの金利の計算は?
借入金額の元金×借入利率÷365で1日にかかる利息を日割りとして計算します!

 

例えば、10万円借りて金利が18.0%なら
10万円×18.0%÷356=49円 1日の利息が49円になります!

 

そして、その数字に借入日数をかけるだけで算出できます。365というのは年間の日数であり、借入日数というのはキャッシングを利用した日から返済日までの日数のことを言います。長期返済する時は返済日から返済日までが借入日数の区切るになってくるので、日割り計算をした数字に大体30日や31日という借入日数をかけることが多くなります。

 

このようにキャッシングの金利計算というのは難しいイメージがありますが、金利計算の内容さえ把握してしまえば、とても簡単に利息額を算出できるようになります。

金利が安い金融機関は?

キャッシングでお金を借りる時には、やはり金利が気になます!出来るだけ安い金利でお金借りたいのが本音です。一般的な消費者金融のキャッシングの金利は、45%〜18.0%が平均的な実質年率になります。

 

しかし借入金額が低いと、金利は上限の18.0%が適用になります!消費者金融ではどこの会社でも、ほぼ同じ金利だと思っていいでしょう!

 

100万円未満なら、どの消費者金融を利用しても返済額は同じになります。ただ、利用者の年収や現在の借入残高・過去の利用状況により融資の限度額が違ってきます。過去に返済が遅れたり、勤め先の在籍期間が短いと融資の金額も限られてきます。

 

しかし、返済の負担を出来るだけ少なくしたい方は、借入金額を低くすることをおすすめします!そして借入利率が低い金融機関を選ぶことが必要になりますね。

 

そこで、お金を借りる時におすすめなのが、銀行系のカードローン・キャッシングではないでしょうか!銀行系のカードローン・キャッシングはたくさんりますが、おすすめのカードローンは三菱東京JFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。銀行のカードローンと言うことで安心感もありますし金利も銀行ならではの低金利で利用できます。スマホや携帯からでも申込みが出来て、審査も最短30分と早くて即日融資可能です!どうせ借りるなら、金利が安いキャッシング・カードローンを利用したいですよね!

クレーゾーン金利とは?

消費者金融が出資法の上限金利29.2%と高利で貸し付けができた理由はみなし弁済規定があります。これは出資法の上限金利を超えなければ、制限利息を超えた場合でも有効な債務の弁済として認められていたのです。

 

これがグレーゾーン金利で利息制限法と出資法の間の金利を指しますが、有効な弁済とみなされるには一定の要件が必要でした。

 

先ず契約者が利息として充当されることを認めて支払ったものであること、契約者の自己の意思による利息支払いであること、契約書面を交付していること、利息の支払いに対して貸金業者が受取証書を発行していることなどが条件だったのです。

 

しかし、これらをすべてを満たす消費者金融はなく、以降のみなし弁済規定の廃止と金利の見直しになりました。

 

過払い金の返還請求で契約書や取引明細書が必要となるのは、このみなし弁済規定と契約時の金利が重要になるからです。契約時の金利によってグレーゾーン金利の詳細も判明します。法律の改正により消費者金融は廃業が現在も進んでいますので、大手の業者以外と契約した方は急ぐ必要があります。

 

消費者金融だけでなく、同じ貸金業法が適用されていた信販会社のキャッシングも含まれ、過払い金の返還の対象となります。