闇金融

闇金融でお金を借りて返済不能になったら?

お金を借りる時は闇金融は絶対のNGです!闇金融を気軽な気持ちで使うのはいけません。カードローンやキャッシングの返済ができなくなった時に利用してしまうケースが目立ちますが、返済できなくなるとすぐに取り立てに来ます。

 

しかも、昼夜問わずです。一番最悪なケースが、職場に電話を頻繁にかけてきたり、直接取り立てに来たりすることです。これによって、会社の人の信用も失ってしまうことになります。それが彼らの狙いで、心理的に支払わざるを得ない状況を作り出そうとしてきます。

 

こうなってしまえば、さすがに自分ではどうにもなりません。このようなケースに陥ったらどうすれば良いでしょうか? まず闇金融の対策は弁護士に相談する必要があります。弁護士は、相手に対して任通知を発してくれます。

 

もちろん、法の外で生きる彼らにとってはそれが意味をなさないケースもありますが、業者としても、法の場に行けば負けることはわかっているためやむことが多いです。あとは、弁護士の先生に交渉を依頼して、取り立てをやめるように話し会ってもらう必要があります。うまく話がまとまれば、以降は手を出さないことを約束してもらえます。

 

弁護士に相談することで、以上のように解決がなされることもありますが、一番気を付けるべきなのは闇金を利用しないことです。

 

闇金業者は、最初から借金の元本の返済をさせないように高い金利を設定して、その金利を取れるまで根こそぎ取ろうと考えています。そのため一番良い対策は利用しないことです。しかし、利用してしまったのであれば、弁護士に相談して解決のために対策をしてもらう必要があるでしょう。